水道の水漏れの修理は元栓を締めることから

家庭内で見てみると、さまざまなところに水道管がつながっています。水漏れを起こす原因として考えると、必要な時に流れるだけではない、水道配管がもつ性格がポイントになってくるでしょう。強い圧力が掛けられているからこそ、水漏れが大きな原因になってきます。

■劣化から圧力が集中する

水道は家庭内のさまざまなところにありますが、簡単に水漏れはしないように設計されています。なぜならば、適切な水量を得るために、圧力が掛けられているからです。蛇口をひねれば水が出るのは、それだけの圧力がかかっているからです。その圧力に耐えられるように作られてはいますが、何かの部品が劣化してくると、そこに圧力が集中するようになり、水漏れを起こすことになります。

■止水栓や元栓を確認しておく

修理が難しいのも、圧力がかかっているためであり、そのままでは吹き出してしまうことになってしまいます。そのため、元栓や止水栓を締めて、圧力を止める必要性が出てきます。自分で修理をするといった場合には、まずは安全の確保が必要になりますし、被害を広げないようにする対処も考えていかなければいけません。普段の生活では止水栓も元栓もあまり使うことがありませんが、水道の水漏れが分かったときには、真っ先に行うことになるので、場所の確認だけはしておくことが必要です。

■まとめ
水道の水漏れは、家庭内の環境として起きる可能性が常にあります。圧力によって劣化してしまうことも考えられるのですから、いざというときにどうしたらいいのか、専門家に依頼することを含めて修理の対処方法を考えておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ