洗濯機の水漏れを自分で修理できるか

家庭内にはさまざまな水回りの設備がありますが、大量に水を使うということではお風呂場と洗濯機が挙げられるでしょう。台所よりも一度に大量の水を使いますが、どこかで壊れないという印象を持ってしまう場所です。しかし、故障しないといったことはなく、使っていればいつか劣化してしまう日が来ます。

■洗濯機の水漏れは非常に危険

洗濯機で起きる可能性があるトラブルは、排水溝の詰まりによる水漏れです。アパートやマンションでも大きな問題になってしまうことがある部分です。排水が詰まってしまうという状況は、対処を急ぐ必要があるトラブルになってくるでしょう。もうひとつが、蛇口周りの水漏れです。どちらも修理をしなければ下の階への大きな問題につながるのですから、非常に危険な状態です。

■とても危険な蛇口のトラブル

排水が流れなくなってきているときには、さまざまな対処方法を行います。市販されている洗浄剤を使えば自分で対処もできるでしょう。しかし、蛇口はそうはいきません。ほんの小さなトラブルでも漏れてきてしまうからです。蛇口にはパッキンがあり、水密性を高めて水漏れを起こさない仕組みになっています。劣化してしまうと水漏れを起こし、流れ出てくるようになります。大量の水を使うので蛇口は開きっぱなしになり、水漏れは大きな問題に発展することがあります。

■まとめ
洗濯機の水漏れは、いろいろな原因が考えられますが、非常に大きなトラブルに発展することも出てきます。自分で修理したくても、完全に仕上げられなければリスクは減らせません。安全に使っていくためにも専門家に依頼するのが一番確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ