下水につながる水漏れと修理

家庭内の水漏れの中でも、臭いとともに気が付くのが下水配管の問題です。日常定期的に使われている部分であり、劣化にさらされやすい場所と考えていいでしょう。修理をしていかなければいけませんが、対処方法も考えておく必要が出てきます。

■下水の配管を確認しておく

下水配管がどこにあるのかを調べておくことは、困ったときのために必要なことです。修理以前に水漏れを認識するためにも必要になってくるでしょう。何か臭いがするというだけでは、原因の判別が難しくなるからです。排水が取り付けられているところは、お風呂場、キッチン、洗濯機、洗面台が主な場所になります。ここから下水につながるようになっているため、臭いのもとを探してみるところからスタートしなければいけません。

■いつかは傷みが出る配管

水漏れの原因について考えてみると、まずは詰まって流れないということが挙げられます。排水がうまく行えずに漏れてくることも出てくるでしょう。異物が詰まっているケースが多く見られますが、取り除くことが修理のポイントになってきます。また、臭いの原因としては接続部分が緩んでいるということが考えられます。下水配管の緩みは、臭いのもとになるだけではなく、部品が劣化している可能性も示しています。専門家に修理や水道 工事を依頼するのが適切でしょう。

■まとめ
下水につながっていく配管は、劣化が進みやすい性格を持っています。もちろん、劣化で水が漏れてこないように加工もされていますが、経年劣化にはかないません。臭いだけではなく、衛生的な問題もあるのですから、専門家に修理を依頼するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ